にゅーすS まとめサイト

朗報・悲報・痛いニュースなど2ch・5chのまとめサイトです。

一般・経済

1: 影のたけし軍団 ★ 2023/12/23(土) 14:57:32.34 ID:??? TID:gundan
大学生のコさん(23)はこのほど、カフェでアルバイトをして稼いだ3カ月分の給料約300万ウォン(約33万円)でK-POPアイドルグループTHE BOYZ(ザ・ボーイズ)のCDアルバム200枚を購入した。CD 1枚につきファンミーティング応募券が1枚もらえるからだ。

コさんはファンミーティングに応募して当選するためにCDを買ったが、そのほとんどをゴミ箱に捨てたという。

コさんは「一部は中古品取引で売ったり、周りの人たちに配ったりしたが、あまりにもたくさん買ったので、約80枚は開封もしないで捨てた。罪悪感はあったが、他に方法がなかった」と話した。


K-POPファンの間で最近、CDを大量購入して捨てる、いわゆる「アルバム・カン」という風潮が広がっており、これに伴いゴミが大量に増えていることが分かった。

「アルバム・カン」とは、特定の歌手の同じCDを大量に購入することを意味する。ファンがCDを「カン(unboxing=開封)」するのは、CDに同封されているフォトカードやサイン会応募券を手に入れるためだ。

フォトカードとは、アイドルグループのメンバーの顔写真がプリントされている紙製のカードだ。1枚のCDにフォトカードが2-3枚ずつランダムに入っているため、ファンは好きなメンバーのフォトカードが出るまでアルバムを購入する。

サイン会の応募券はCD 1枚につき通常1枚ずつ入っている。ファンはサイン会に参加できるよう、CDを複数枚買って確率を上げようとするという。

フォトカードを手に入れたり、サイン会に応募したりした後に残ったCDやパッケージなどはほとんど捨てられる。K-POPアーティストが新しいCDを出す時は、芸能事務所近くの路上や地下鉄などに「歌手のCDがそのまま数十枚ずつ捨てられている」という目撃談が出る。

ソウル市内のあるCDショップの関係者は「有名アイドルが新アルバムをリリースする時期になると、ショップの前にはパッケージを開封もされていないCDが数百枚ずつ積み上げられる。

特に、空のスーツケースを持って段ボール入りのままCDを買い、サイン会の応募だけして捨てる海外ファンをよく見た」と話す。

共に民主党の禹元植(ウ・ウォンシク)議員室が韓国環境部(省に相当)から提出を受けた資料によると、韓国の芸能事務所がCD製造に使用したプラスチック廃棄物は2017年の55.8トンから昨年は801.5トンへと約14倍も増えたという。


購買力のない10代たちもCDの複数買いをしている。

Aさんの高校2年生のいとこは最近、男性アイドルグループNCT(エヌシーティー)のアルバム20枚を購入するため、お小遣いを50万ウォン使ったそうだ。

Aさんは「フォトカードのためにアルバムを50万ウォン分買ったといういとこの話にショックを受けた。写真はインターネット上で見せてもいいのに、紙のフォトカードだけでしか見られない写真を封入してCDを買わせるのは行き過ぎた商法だ」と言った。

K-POPファンたちのCD複数買い・大量廃棄をあおっているのは芸能事務所だという見方が多い。


K-POP人気で「アルバム・カン」がさらに広がった側面もある。イ・ハウンさん(25)は「新型コロナ流行前はCDを20-30枚ほど買えばサイン会に当選できたが、最近は海外ファンも加わり、わずか数年でK-POPファンが数倍は増えた。名前が少しでも知られているアイドルの場合、CDを100枚以上買わなければサイン会は行けないと考えていい」と語った。

https://www.chosunonline.com/m/svc/article.html?contid=2023121980114

https://www.chosunonline.com/site/data/img_dir/2023/12/19/2023121980107_1.jpg
https://www.chosunonline.com/site/data/img_dir/2023/12/19/2023121980107_0.jpg

【【K-POP】応募券欲しさにアイドルのCDを大量購入、捨てられるごみは年800トン超】の続きを読む

1: ちょる ★ 2023/09/22(金) 10:49:02.18 ID:??? TID:choru
2023年9月21日、韓国・毎日経済は「世界で一番汚い山とまで言われ…日本の富士山に一体何が」と題する記事で「日本の象徴である富士山が過剰観光により汚染が深刻化し、世界文化遺産の登録取り消しが懸念されている」と伝えた。

記事は「今年の開山日から7月17日までの富士山の登山者数は4万人を超え、13年に比べて約50%増加したが、登山者の増加に伴い汚染と公害の度合いも高まっている」とし、「管理業者やボランティアによる美化活動も行われているが、SNSには汚れたトイレや散乱するごみに関する投稿が続々と寄せられている」「日本では『世界一汚い山』とまで呼ばれている」などと説明している。

さらに「火をつける行為が発生するなど安全も脅かされている」とし、「今年の救助要請は計61件で昨年より50%増加し、外国人が4分の1を占めた。大部分が準備不足による低体温症や高山病を訴える人で、0泊2日で弾丸登山をする人にも当局は頭を悩ませている」と伝えている。

山梨県関係者は「富士山が悲鳴を上げている」「統制不可能な状況だ。富士山が魅力を失い、登山者が減ってしまいそうで不安だ」と懸念を示し、世界文化遺産の登録取り消しの可能性にも言及したという。

この記事を見た韓国のネットユーザーからは「『清潔で美しい国の日本』はもう昔の話になってしまったようだ」「日本の象徴なのに全く管理が行き届いていないんだね」「富士山は少し離れたところから見るのが一番美しいよ」「サッカー場をきれいに掃除する日本人がなぜ?自分の家は掃除せず、他人の家をきれいにする理由は?」などの声が寄せられている。


続きはこちら
https://www.recordchina.co.jp/b920904-s39-c30-d0191.html

【【韓国】「富士山が世界一汚い山に」と韓国メディア、ネットも驚き「美しいのは昔の話」「サッカー場は掃除するのに…」】の続きを読む

1: ちょる ★ 2023/10/02(月) 16:23:54.33 ID:??? TID:choru
「『爆発薬を発明したスウェーデン人のノーベル氏が創設した賞金で、毎年物理学をはじめ化学・医学・文学、そして世界平和に努力した人に8000ポンドを贈与する5つの賞だ。この世に名誉といわれるものは少なくないが、ノーベル賞を受賞することほど名誉なことはない。西洋人は言うに及ばず、東洋人ではインドの詩聖といわれるタゴール博士ただ一人だけだ。朝鮮人としてノーベル賞を受賞するほどの人が出生するまでは知識階級がまだいないも同じだと言える』」

韓国の新聞に登場する最初のノーベル科学賞関連の記事(東亜日報/1923年9月13日付1面)だ。1923年。100年前の日帝強占期であるその時にもこの地ではノーベル賞を羨んだ。さらに短い文中にノーベル賞を受賞するほどの知識階級がいないという嘆きまで入っている。1世紀が過ぎていったが、残念なことにこの地からはまだノーベル科学賞受賞者は出てきていない。せめてもの救いが2000年に平和賞を受賞した金大中(キム・デジュン)元大統領が韓国をノーベル賞受賞国家名簿に入れたことだ。

10月。「ノーベル賞煩い」の季節がまたやってきた。2日の生理学・医学賞を始め、3日の物理学賞、4日の化学賞まで科学部門ノーベル賞受賞者の発表が続く。続いて5日には文学賞、6日は平和賞、9日は経済学賞の順で今年受賞者が発表される。今年韓国からノーベル賞を受賞する人物は出てくるだろうか。ノーベル賞シーズンが近づくと、政府はもちろん学界などあちこちでノーベル賞に関する行事が続く。先月24日には韓国科学技術アカデミー主催でノーベル賞受賞者と討論する行事がソウルで開かれている。なぜ我々はここまでノーベル賞煩いを病んでいるのか。ノーベル賞とは何か。問いを借りてその答えを探ってみたい。


続きはこちら
https://japanese.joins.com/JArticle//309678

【【韓国】100年前から10月になると「ノーベル賞煩い」…世界でもここまで執着するのは韓国だけ】の続きを読む

1: 朝一から閉店までφ ★ 2023/08/19(土) 20:05:20.50 ID:??? TID:syoubainin
Record Korea 2023年8月19日(土) 12時0分

歴史問題により、政治・外交面で一時は戦後最悪と言われる状態にまで冷え込んだ日韓関係。その中でたびたび話題に上ってきたのが慰安婦像問題だ。

慰安婦像といえば、ソウルの日本大使館前にある、椅子に腰掛ける少女をかたどったものが一般的によく知られているが、実はその姿形はバラエティーに富んでいる。
2011年に日本大使館前に設置されたのを皮切りに韓国全土に建てられ、その過程でさまざまな進化を遂げた。中国・フィリピンとコラボしたものや、
土下座する安倍晋三元首相らしき人物をにらみつけるというストーリー性のあるものもあり、その数は150体以上に及ぶとされている。

そうした中、「慰安婦像大図鑑」というインパクト抜群の本がパブリブ社から出版された。著者は渡韓歴20年以上、ディープな韓国旅が趣味の日野健志郎さん。
本書には韓国全土に点在する155体の慰安婦像の写真と、像の住所や制作意図、設置後の実情など詳しい解説が載っている。政治的議論は一切抜きにして、
慰安婦像を純粋にアートの観点から紹介している。A5判、オールカラー224ページのボリュームで、この1冊で慰安婦像のすべてが知れるといっても過言ではない。

本書の発売に当たり、レコードチャイナは著書の日野さんにインタビューを実施した。



■この本を出版した目的は何でしょうか?
https://www.recordchina.co.jp/b918600-s39-c30-d0191.html

引用元: https://talk.jp/boards/news4plus/1692443120

【【慰安婦像大図鑑】 慰安婦像ってこんなに種類があったの!?韓国で増殖する慰安婦像、個性豊かな115体が一挙集結】の続きを読む

1: テイラー ★ 2023/08/20(日) 07:39:39.25 ID:??? TID:taylor
韓国で、私が文在寅政権時代に多くの痛い目を見たことは著書『それでも韓国に住みますか』にも綴っているが、「こんなデタラメな国」はないと私は思っている。

というのも、政権が変わった途端、我々庶民の生活に大きな影響が出てしまうのだ。

実際、2019年から「反日・不買」が始まった際には、その波は一気に韓国国民全体を飲み込んだ。

その結果、それまで日韓ビジネスを行って来た者たちはどれほど苦しめられた4年間だったか……思い出すだけでも吐き気がしてくる。

私もそれまで進めていたプロジェクトが幾つかあったが、

[続きは以下URLから]
https://gendai.media/articles/-/113763

引用元: https://talk.jp/boards/news4plus/1692484779

【【韓国】「在日3世」の私が、日本から「韓国」に移り住んで「こんなデタラメな国はない」と“確信”したワケ】の続きを読む

このページのトップヘ

アクセスランキング