にゅーすS まとめサイト

朗報・悲報・痛いニュースなど2ch・5chのまとめサイトです。

ウクライナ情勢

1: チンした水溶き小麦粉 ★ 2024/07/15(月) 05:39:38.51 ID:??? TID:sprout
F16戦闘機ようやくウクライナに、西側当局者は厳しい見方
Bloomberg Courtney McBride、Andrea Palasciano 2024年7月13日 2:34
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2024-07-12/SGIGMET0G1KW00
抜粋 詳しくはリンク先へ

 関係者の1人によると、結果的にウクライナが展開できそうなF16は15機から24機程度で、同国首脳が求めていた300機を大きく下回る。別の関係者は、ウクライナが受け取るF16は夏に6機、年末までに最大20機だと述べた。

F16供給を巡る問題は極めて深刻で、ウクライナに戦闘機を提供するのは賢明なのか、今やゼレンスキー氏への支持を示すだけの極めて高額なショーなのではないかという疑問も浮上している。ウクライナ軍パイロットが米国などで訓練を開始してからの数カ月で戦場の様子は変わった。双方とも安価なドローンに依存するようになり、ロシアは防空を強化した。
  対ロシアでF16が「奇跡を起こすと期待するべきではない」と、新アメリカ安全保障センター(CNAS)のシニアフェロー、ジム・タウンゼント氏はくぎを刺した。また、「空軍基地は大きな打撃が見込める絶好の標的だ。いくつかについてロシアは既に攻撃しており、新たにやって来るF16に実世界への歓迎を見舞おうとするだろう」と、その弱点を指摘した。

 サリバン氏によると、F16は短期的には前線の軍を守る目的で、「将来的には」領土奪還を支援する目的で使われることが見込まれる。同氏はこれ以上の詳細を明かさなかった。

関連
【深層NEWS】ウクライナ軍ハルキウ州工場でロシア軍包囲か▽米国“越境攻撃”さらに拡大容認▽F16戦闘機まもなく到着か…戦況変化は?陸自中部方面総監・山下裕貴氏「ジオラマ解説」▽ウクライナ受刑者動員
https://youtu.be/RbyJaA09h_8?t=1585

【【ウクライナ支援】F-16戦闘機ようやくウクライナに、西側当局者は「奇跡は起こらない」と厳しい見方 短期的には前線の軍を守る用途】の続きを読む

1: テイラー ★ 2024/06/29(土) 19:46:42.05 ID:??? TID:taylor
ロシアの全面侵攻を受けるウクライナのゼレンスキー大統領は28日、戦争を終わらせるための「包括的な計画」を、今年中にパートナー国に示す意向を明らかにした。キーウで開いた会見で語った。

ゼレンスキー氏は今月15日、10項目で構成される「平和の公式」のうち、「核の安全性」「食料安全保障」「捕虜や連れ去られた人びとの帰還」の3項目について、パートナー国と「行動計画」を策定してロシア側に示すとしていた。

28日の会見では、この3項目だけでなく、「ロシア軍の撤退と敵対的行為の停止」を含む他の項目についても、どのように実現させるかをパートナー国とともに検討していくと強調した。
(抜粋)

(続きは以下URLから)
https://news.yahoo.co.jp/articles/9cd1d7c9f8383201f5c38fc25638a626645a1b9d

前スレ
【国際】ウクライナ、終戦に向けた「包括的な計画」を年内提示へ 大統領表明
https://talk.jp/boards/newsplus/1719621620

【【国際】ウクライナ、終戦に向けた「包括的な計画」を年内提示へ 大統領表明★2】の続きを読む

1: 影のたけし軍団 ★ 2024/06/28(金) 16:13:20.08 ID:??? TID:gundan
ロシア軍が5月9日の対独戦勝記念日に合わせてウクライナ北東部で始めた攻勢は、ウクライナ側の国境地帯を広く深く占領して、国境から40kmのハルキウ市に重砲を近づけることが狙いだったのかもしれない。

あるいはもっと野心的に、ハルキウ市自体に進軍することまで司令部は目論んでいたのかもしれない。

だが、どちらも実現しなかった。攻勢開始から2週間のうちに、ロシア軍のおよそ3万人規模の攻撃部隊は国境から数kmの小さな都市ボウチャンシクで行き詰まった。


そしてこのほど、ウクライナ軍の機械化旅団や海兵旅団、空中強襲旅団など数個旅団の一部からなる防御部隊は、ロシア軍の精鋭空挺旅団を撃破したもようだ。


ウクライナの有名な通信員、ハンドルネーム「ニコラエフスキー・バニョク」(編集注:テレグラムではロシア語で投稿している)の報告によると、ロシア空挺軍の第83独立親衛空中襲撃旅団は3週間にわたる展開で大きな損害を出したあと、ボウチャンシクから撤退した。

バニョクは「第83空中襲撃旅団は戦闘能力を回復するため、全体が緊急に後方に引き下がった」と書き、「人員の損耗が多すぎて、彼らは戦うことができない。『500』があまりに多い」と続けている。


「500」というのは、ロシア軍の用語で戦闘を拒む兵士を指す番号だ。


事実だと確認されれば、7個の連隊や旅団で構成されるロシア軍の新編北部集団軍にとって痛ましい損失になる。

ボウチャンシクでのロシア軍の損耗は、さらにかさむ可能性もある。1個大隊(数百人規模)の生き残った兵士らが、2週間にわたり、市中心部にある骨材工場で身動きがとれなくなっているからだ。

孤立したこの部隊はもう長くはもたないかもしれない。ウクライナ空軍はこの工場を精密滑空爆弾で爆撃し、徐々に瓦礫に変えている。

第83空中襲撃旅団は、2022年2月の戦争拡大前に4万人規模の兵力だったロシア空挺軍の十数個旅団のひとつである精鋭旅団だ(少なくとも以前はそうだった)。

数年前の2019年には、軽量の装甲車両をパラシュートで投下して戦闘に入る演習も行っていた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/8ece3c15b03db7cbf7d1434cbad44b48a39a2135

【【ウクライナ北東部ボウチャンシク】ロシア軍の精鋭空挺旅団が壊滅か】の続きを読む

1: ずぅちゃん ★ 2024/06/21(金) 11:46:06.64 ID:??? TID:zuuchan
スイス・バーゼルで開かれたフェンシングのヨーロッパ選手権で6月18日、ウクライナ人選手がロシア人選手との対戦後の握手を拒否し、ロシア人選手が口汚く罵倒する場面があった。

この大会で、ウクライナのオレーナ・クリヴィツカはグルジア代表として出場したロシア人のマヤ・グチマゾワと対戦した。
ヨーロッパフェンシング連盟は、ロシアのウクライナ侵攻を受け、ほかの国際スポーツ団体と同様にロシアとベラルーシの選手の出場を禁止している。

クリヴィツカはこの試合を15-9で制し、試合後にグチマゾワとの握手を拒んだ。
これに対してグチマゾワが大声でののしる姿がテレビに映った。映像の翻訳によると、口汚い言葉を連発しながら「何だってこんなことが許されるわけ? 何様のつもり?」と叫んでいたという。

続きはこちらから
https://news.yahoo.co.jp/articles/c72b95a4e020ecbcca609189a6e86ffab9a0ddb4

【【ウクライナ】握手拒否で大激怒!ロシア人選手の怒り爆発!フェンシング大会に殺伐ムード】の続きを読む

1: テイラー ★ 2024/06/07(金) 10:14:22.55 ID:??? TID:taylor
鈴木宗男参議院議員は国会で岸田総理大臣に対し、ウクライナ侵攻を巡って侵攻を続けるロシア側ではなくウクライナ側を停戦させるべきとの主張を展開しました。

鈴木宗男参院議員
「ウクライナのゼレンスキー大統領の『武器をくれお金も供与してくれ』という、これをやってれば戦争が長引くだけなんです」

岸田総理大臣
「ロシアの侵略をやめさせ一日も早く公正かつ永続的な平和をウクライナに実現することが重要であり、わが国としてもそのための取り組み、これをぜひ主導していきたい」

鈴木宗男参院議員
「総理、戦争には双方言い分があります。やめらせることが一番なんです」

岸田総理大臣
「どのように平和を実現していくかということについては、
(抜粋)

(続きは以下URLから)
https://news.yahoo.co.jp/articles/9d68ee1116514c3118d2e4e249873d6b93565905

【【政治】鈴木宗男議員 ウクライナ側に「停戦」求める 岸田総理「ロシアの侵略をやめさせる」】の続きを読む

このページのトップヘ

アクセスランキング