にゅーすS まとめサイト

朗報・悲報・痛いニュースなど2ch・5chのまとめサイトです。

朗報

1: ぐれ ★ 2024/07/13(土) 20:44:46.38 ID:Owz2oIbm9
>>7/12(金) 18:40配信
読売新聞(ヨミドクター)

 エイズの原因となるヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染症。かつては「死の病」と言われましたが、治療薬の進歩で日常生活が送れるようになりました。感染を防ぐため、従来の治療薬(抗HIV薬)を予防的に服用する方法が今年度内にも国から承認される見通しです。(影本菜穂子)

WHOが推奨

 HIVは、主に性的接触や血液を介して感染します。症状がない期間を経てエイズを発症します。

 エイズは体の免疫機能が破壊され、重い肺炎やがんなどを引き起こします。1987年に治療薬が誕生してから、副作用が少ない薬が続々と開発されました。治療を継続していれば、仕事や妊娠、出産など通常の生活を送れるようになり、他人に感染させることもありません。

 治療薬の広がりで、国連合同エイズ計画は「2030年までの流行終息」という目標を掲げています。

 これを実現するためのカギを握るのが、感染リスクが高い人を対象に、特定の抗HIV薬をあらかじめ予防投与する「曝露(ばくろ)前予防」(PrEP)です。

 毎日1錠をのむ方法と、性行為の前後に複数回のむ方法があります。

 プレップは、世界保健機関(WHO)が推奨しており、欧米では薬事承認され、無料や低額で行える仕組みが広がっています。

 しかし、国内では未承認のため、薬剤を個人輸入したり、薬剤を輸入したクリニックで処方してもらったりする必要があります。費用は1か月5000~1万円程度です。

 こうした中、米製薬企業「ギリアド・サイエンシズ」は2月、国からの要請に基づき、プレップで使用される抗HIV薬「ツルバダ」について、感染予防でも承認するよう公知申請をしました。公知申請は、国内の臨床試験を省略して迅速に承認申請する制度です。

 予防目的のため、治療を対象とする公的医療保険は適用されません。

感染リスク99%減

続きは↓
https://news.yahoo.co.jp/articles/d1dfdff4c76ed0cf203c33b9730099b1268ddb91

【【医療】HIVの感染を防ぐ「PrEP(プレップ)」 国内で承認見通し…同性の相手が複数いる男性「不安感じなくてよくなる」 [ぐれ★]】の続きを読む

1: @仮面ウニダー ★ 2024/07/08(月) 06:26:52.41 ID:nNu/cmCv
Record Korea 2024年7月7日(日) 18時30分
no title


2024年7月5日、韓国・マネートゥデイなどは「世界初となる、血液型を問わず投与できる人工血液が日本で開発された」と伝えた。

記事は日本メディアの報道を引用し、「奈良県立医科大学が血液の中でも酸素を運搬する赤血球の開発に成功した」
「廃棄する血液からヘモグロビンだけを抽出し脂質膜で包みカプセルの形にしたもの」
「最大の長所は、血液型を問わず誰にでも投与できること」だと説明している。

開発に携わった研究陣は「どんな患者や負傷者でも血液型に関係なく用いることができる。1時間だけでもこの人工血液で
もたすことができれば、その間に病院に搬送し次の措置につなげられる」「人類の健康福祉に貢献できるのでは」とコメントしている。

本物の血液の保存期間は冷蔵で4週間だが、人工血液なら室温で2年、冷蔵で5年と長い。ドクターヘリや救急車に搭載すれば、
離島やアクセスが困難な土地で患者の命を救えるようになると期待される。
奈良県立医科大学は臨床試験を経て5年以内の実用化を目指しているという。

この記事に、韓国のネットユーザーからは
「すごいな、日本…」
「ついに血液も作られる時代になったのか」
「臨床に成功しますように」
「これぞ革新だ。日本は嫌いだけどこういうところは学ぶべき」
「韓国の医者は美容整形や肌のマッサージでもうけることしか考えてないし、医学部の教授はデモのことしか考えてないというのに、
日本の医者は立派だな」
「今すぐは金にならないからって研究費支援をけちる韓国とは大違い」
「医学部や医療政策では日本も韓国も大差はないのに、政治家や医者の意識と思考が韓国は日本より50年は後れをとっている」
など、称賛と韓国の現状を嘆く声が多数寄せられている。

また、
「これでまたノーベル賞を取りそう」
「日本がノーベル賞受賞者を多数輩出できる理由」
といったコメントも多く見られた。
(翻訳・編集/麻江)
https://www.recordchina.co.jp/b936588-s39-c30-d0195.html

【【またノーベル賞だ】 日本で開発された人工血液が韓国でも話題に=「韓国とは大違い」】の続きを読む

1: 鮎川 ★ 2024/05/02(木) 12:02:51.87 ID:??? TID:ayukawa
フランス政府が3歳未満の動画視聴と13歳未満のスマートフォン使用自体を禁止する方針を検討している。幼児・子供の視力と集中力など様々な面に否定的な影響を与えるという理由からだ。

先月30日(現地時間)、ガーディアンによると、フランスのエリゼ宮殿は、子どものスマートフォン使用に関する研究を行った神経学者・精神科医など専門家10人は、子どもの映像視聴とスマートフォン使用を厳しく制限しようという報告書を最近提出した。

報告書は3歳未満の乳幼児の場合、テレビを含む映像視聴の全面禁止、3~6歳は教育的な映像を大人がいる時に限って視聴するよう制限しなければならないと強調した。さらに、携帯電話の使用は11歳から、携帯電話を通じたインターネット接続は13歳からするように勧告した。

SNSの使用は15歳から許容する一方で、「倫理的なSNS」に限定しなければならないと強調した。ティックトック・インスタグラム・スナップチャットは倫理的なSNSから除外されると専門家たちは主張した。また産婦人科病棟で赤ちゃんが親と絆を形成できるように携帯電話、テレビの使用を最大限自制し、保育園などでもコンピューター、テレビを禁止しなければならないと勧告した。


続きはこちら
https://news.yahoo.co.jp/articles/4ed288a095612244693674c1d4933a7812169a5d

【【海外】フランス政府「11歳未満は携帯禁止、インスタは15歳を過ぎてもダメ」「3歳未満はテレビを含む映像視聴全面禁止」検討】の続きを読む

1: ばぐっち ★ 2024/05/24(金) 18:48:20.00 ID:??? TID:BUGTA
JR西日本は、乗客などからの著しい迷惑行為といった「カスタマーハラスメント」いわゆるカスハラに対する基本方針を制定しました。

JR西日本の基本方針では、暴力行為や恫喝に加えて執拗な言動、それに従業員を無断で撮影し映像をSNSなどに投稿する行為を「カスハラ」と定義。

これに該当する行為などがあった場合は、サービスの提供や対応を中止するとしています。

また、被害を受けた従業員個人が加害者に対して賠償を求めるといった、民事的な対応を弁護士に相談できる体制も整えています。

この基本方針は、飲食店やホテルなどのグループ会社にも適用され、JR西日本は今後、「カスハラ」の事例を集めたうえで、来年3月までに具体的な対応のマニュアルを作成したいとしています。

JR西日本の長谷川 一明社長は、24日の会見で「行き過ぎたクレーム、不当な言いがかりなどのカスタマーハラスメントと判断される言動が認められた場合は、やむを得ず商品、サービスの提供やお客様対応を中止させて頂き、従業員を守るための毅然とした対応を行う」と話しました。

鉄道業界の「カスハラ」をめぐっては、JR東日本や大手私鉄でつくる日本民営鉄道協会も基本方針を制定しています。

https://approach.yahoo.co.jp/r/QUyHCH?src=https://news.yahoo.co.jp/articles/4ca56b38f41da9837e3c065d0290e3be1aefae01&preview=auto

【【企業】JR西日本「カスハラ客には、サービス中止する」】の続きを読む

1: PARADISE ★ 2024/05/13(月) 10:35:37.65 ID:DXC2+IFX9
 大阪公立大学などは汗をかいた時に強いにおいが出る「腋臭症(わきが)」の原因になる菌を特定し、ピンポイントに死滅させる酵素を合成した。従来の抗菌剤は有用な菌まで殺菌する問題があった。腋臭症を治療する塗り薬やデオドラントの開発につなげる。

腋臭症は日本人の1割が患う=大阪公立大学提供
日本人の1割が患う腋臭症は、脇などにあるアポクリン腺という汗腺が固有の物質を分泌するのが原因だ。分泌物自体は無臭だが、皮膚にいる菌が分解して揮発性の臭い物質に変える。原因の菌はある程度特定されていたが、詳しい仕組みは不明だった。

研究チームは20人の脇からサンプルを採取し、そこにいる細菌の遺伝情報を調べた。その結果、臭い物質の生成に複数の菌が関わることや「S.ホミニス」というブドウ球菌の仲間が主要な役割を果たすことが分かった。

S.ホミニスを死滅させる酵素も合成した。一般的な抗菌剤はヒトの皮膚を湿潤に保つ菌なども殺菌するが、この酵素はS.ホミニスだけに働くために腋臭症の塗り薬に使える。今後は効率的な合成方法を開発する。

東京大学やマンダムとの共同研究で、成果をまとめた論文をオランダの学術情報大手エルゼビアの科学誌「ジャーナル・オブ・インベスティゲイティブ・ダーマトロジー」に掲載した。

以下ソース
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOSG259BG0V20C24A4000000/

【大阪公立大学、「ワキガ」原因菌を死滅 酵素合成で [PARADISE★]】の続きを読む

このページのトップヘ

アクセスランキング