にゅーすS まとめサイト

朗報・悲報・痛いニュースなど2ch・5chのまとめサイトです。

1: 煮卵 ★ 2024/04/13(土) 09:09:08.30 ID:OP4whla69
面識のない女性に車に乗せてもらい、車内の現金を盗んだとして、山形県警鶴岡署は10日、山形県鶴岡市、職業不詳の女(45)を窃盗の疑いで逮捕した。
同署は、女が同様の手口を繰り返していたとみて調べている。

発表によると、女は9日午後2時25分頃~40分頃、同市中心部で車を止めていた70歳代女性に「車のバッテリーが上がってしまい、車屋に車を持って行かれた。子どもを迎えに行かないといけないので乗せていってほしい」などと声をかけて車に乗り込み、市内の商業施設の駐車場で降りるまでに、車内に置かれていた現金20万円を盗んだ疑い。
同署は認否を明らかにしていない。2人に面識はなかった。

同署管内では、同様の手口で現金が盗まれる被害が複数件確認されていた。
被害者の証言などから女が浮上。
同署員が女が乗り込んだ車を追跡し、下車後に女性に確認したところ、現金がなくなっていることが判明した。

[読売新聞]
2024/4/13(土) 8:16
https://news.yahoo.co.jp/articles/c065cad165b52c47401104d5a97af9eda566b21a

【「車に乗せてほしい」と声かけた女、車内で20万円盗んだ疑い…同様の被害を山形で複数件確認 [煮卵★]】の続きを読む

1: ばぐっち ★ 2024/04/13(土) 10:50:42.48 ID:??? TID:BUGTA
今すぐにでも結婚したいと思って積極的に婚活している女性がいる一方で、「どうしても結婚したいわけではないけれど、いい人がいたら結婚したい」と思っている女性もいます

今回ご紹介する幸子さん(仮名・43歳/会社員)は後者で、これまで婚活という婚活はしてきませんでした。やっと重い腰を上げて結婚相談所に登録しますが、なかなか婚活が進展せず、相談しに来てくれました。 幸子さんは、昔から恋愛に興味がある方ではなく、飲み会の誘いもなかったので、彼氏が最後にいたのは大学生の頃だそうです。ただ、子どもは欲しいので婚活をしようと思い、最近結婚相談所に登録したと話していました。

「3週間ほど前に登録はしたものの、まだ(男性へのお見合いの)お申し込みはしていません。仕事もありますし、なかなか婚活に割く時間が取れなかったんです。平日は仕事をして家に帰ると疲れてしまっていますし、週末はゆっくりしたいので婚活を進めようという気分になれなくて」と話す幸子さん。

しかしよく話を聞いてみると、趣味のアニメのイベントに行くなど、自分の好きなことに使う時間はしっかり取れているようでした。結婚したいけれど婚活を進めない幸子さんの行動を不思議に思い、もし本当に結婚したいなら、その時間を少し婚活に使ってみたらどうかと提案してみました。 「そうですよね……」と言いつつも、歯切れの悪い答えだったので、なぜ出会いを本気で求めようとしないのかじっくりと話を聞いてみることにしました。

「なんというか、どうせ申し込みしてもダメな気がしているんです。男性に断られる現実を見たくないのかもしれません」と幸子さんは本音を話してくれました。

もし本当に結婚をしたいと思うのであれば、何をすべきなのか。幸子さん本人が一番知っているはずです。現実から目を背け続ければ、彼女の現状は数年後も変わらないでしょう。

おそらくその時は、年齢を重ねてもっと婚活が厳しい状況になっているはずです。 以上のことを伝えると、幸子さんは「そんなの嫌です。孤独死したくない!」と感情的になっていました。その感情を婚活のエネルギーに変えれば、きっと婚活は進んでいくはずです。ただし、その感情をいつまで維持できるかが問題です。またいつもの居心地のよい生活に戻り、将来のことを考えないでいれば、熱意も薄れて、婚活を進めようという気力もなくなってしまうでしょう。

幸子さんだけではありません。自分の見たくない現実や、感じたくない気持ちを味わうことを恐れて、結婚したいけれど無意識に婚活を進められない人がいます。しかし、それではいつまでたっても結婚はできないでしょう。 本当に結婚をしたいのであれば、やはり挑戦することが一番効果的だと思います。40代にもなると挑戦することなんてほとんどないからこそ、婚活にチャレンジして日々に刺激を与えてみるのも悪くないのではないでしょうか。(抜粋)
https://joshi-spa.jp/1294652

【【社会】オタク女子「アニメイベントには行くけど婚活に時間は…」→「年取ると結婚厳しいよ」の指摘に「そんなの嫌!孤独死したくない!」】の続きを読む

1: ばぐっち ★ 2024/04/13(土) 10:12:06.90 ID:??? TID:BUGTA
海上自衛隊・呉基地所属の19歳の自衛官の男が再逮捕されました。
当時、交際していた女性が18歳未満と知りながら、いかがわしい行為をさせたり裸の写真や動画を撮影して保存した疑いです。

男は女性に対する恐喝未遂の疑いで逮捕されていました。

https://approach.yahoo.co.jp/r/QUyHCH?src=https://news.yahoo.co.jp/articles/52777eb3005adac17cb2863018725135dfba0bd4&preview=auto

【【社会】19歳自衛官、18歳未満の彼女にエロいことさせて逮捕】の続きを読む

1: ばぐっち ★ 2024/04/13(土) 09:36:54.37 ID:??? TID:BUGTA
★東京・女性を尾行して顔殴りわいせつ疑い「チクショー!」“非道”男のおぞましい奇行と犯行理由

「ここ数日は見かけなかった。逮捕されていたんですね……」(近隣住民)

 警視庁日野署は3月31日、東京都日野市に住む大工の小沼道春容疑者(43)を不同意わいせつ致傷の疑いで逮捕した。逮捕2日前の29日夜、容疑者はマンションのエントランスで、同マンションに住む50代女性を押し倒し、顔面を殴打する暴行を加えたあと、下半身を触るなどのわいせつな行為をしたというもの。被害女性は全治不詳の傷害を負った。

「容疑者はマンションの数百メートル手前から、面識のない女性が帰宅するあとをつけていたようです。日野市では前日の夜にも10代女性が男から胸を触られる事件が発生していて、小沼容疑者はこの件にもかかわったとほのめかしており、警察は余罪を追求している」(全国紙社会部記者)

 警察の取り調べに対して、小沼容疑者は、
「女性を襲いたいと思った。性的欲求を満たすために、1人でいる女性を探していた」
 などと自供し、容疑を率直に認めていているという。

 なんとも身勝手極まりない小沼容疑者とは一体どんな人物なのか。自宅マンションはワンルームで家賃は月5万円ほど。冒頭の住民によると、容疑者はおよそ半年前に引っ越してきて、単身で暮らしていたという。
「家族なのか職場の人なのかは不明ですが、2、3人の人が引っ越しの手伝いに来ていましたね」(同・近隣住民、以下同)

 容疑者の年齢については、
「頭髪が薄かったのか、丸刈りしていて年齢不祥だったけど、まさか40代とは……もっと年上だと思っていた。おおかた作業服を着ていて、建設会社で働いているような感じでした」

 顔を合わせると、軽く挨拶をかわす間柄で、
「こちらから挨拶すると返してくれるが、容疑者から挨拶することはなく、おとなしい感じの人でした。家族のことも含めて、何かワケアリのような感じもした。それで、夜も帰ってこなかったり、いない時期もあったりしたので、夜勤か、あるいは出稼ぎで東北あたりからきている人かもしれないと思っていたんです」
夜中に怒鳴り声をあげていた

 だが、別の住民は、容疑者の奇行に気づいていたという。
「ときどき夜中に“チクショー!”とか“このヤロー!”とか怒鳴り声をあげていた。独りで酒でも飲んでいたのか……」(別の住民、以下同)

 さらには、こんな不審な話も。
「あるとき新聞配達の女性が“エレベーターに乗ったら、小沼さんがいきなり乗り込んできて、気持ちが悪かった”と怖がっていたことがある」

 実は小沼容疑者には前科があった。
「4年前に強制わいせつ致傷の事件を起こしたそうです。刑罰は懲役3年以上から無期までで、特別の事情がない限り、執行猶予はつきません。したがって、小沼容疑者は3年ほど刑務所に入っていて、出てきたばかりだった可能性が高いですね」(前出・社会部記者)

 女性の人権を踏みにじる犯罪は、どんな理由があろうと許されない。

https://approach.yahoo.co.jp/r/QUyHCH?src=https://news.yahoo.co.jp/articles/7c4d14a05bbd5d9dec85adc055e4db4bb29dbf81&preview=auto

【【社会】夜中に「チクショー!」と叫ぶ男、女性の顔殴りわいせつ行為…東京】の続きを読む

1: テイラー ★ 2024/04/13(土) 07:33:22.71 ID:??? TID:taylor
20~69歳の男女を対象とした調査で有効回答数5370人のうち4割が「親より経済的に豊かになれない」と考え、「日本では、努力さえすれば誰でも豊かになれる」という考えに否定的な傾向だった。

イメージする「中流の暮らし」とは、「世帯主が正社員として働いている」「持ち家に住んでいる」「自家用車を持っている」の割合が高い。学歴が高いほど「結婚して、子どもを育てている」「子どもに高等教育を受けさせることができる」とイメージしている。

こうした「中流の暮らし」を実現するには、いくら必要なのか。
(抜粋)

(続きは以下URLから)
https://news.yahoo.co.jp/articles/f5a47d5c5d7f0e9430e4fd0d2de5f1d2c87d55e5

【【社会】日本はいよいよ「一億総下流社会」へ…「中流より下の暮らしをしている」と答える人が多い現実】の続きを読む

このページのトップヘ

アクセスランキング